会社を設立する時に会計事務所に依頼を決めたという人は基本的には必要なものを用意すれば後は任せるだけになります。しかし、任せっきりでは時間が長くかかることがあるので、スムーズに進めるためにも事前に準備しておきたいことがいくつかあります。ここでは事前に何を準備しておくといいのかについて説明します。

まず、必要となるのが資本金です。代行サービスでは資本金の用意まではしてくれていないので、事前に用意しておく必要があります。事前に準備しておけば手続きもスムーズに進めることができるので、会社を設立したいと思った場合には資本金の準備をするようにしましょう。

また、印鑑証明書の準備も忘れずに準備するようにしましょう。印鑑証明書は定款の認証時と登記時に必要となる大切な書類になるので、事前に準備しておく必要があります。

このように、ここでは準備しておくといいものについて説明しましたが、特に資本や印鑑証明書などは代行してくれる会計事務所が用意することができない部分になるので、手続きを遅らせないようにするためにも事前に準備しておくようにしましょう。代行を依頼すれば早く手続きを済ませることができますが、事前にチェックしておくといいでしょう。


会計事務所では会社設立代行のサービスを行っていますが、実際にこれから会社設立をするにあたって依頼を検討している人も多いのではないでしょうか。近年では自分で手続きをするよりも依頼する人の方が多いと言われていますが、依頼することでどのようなメリットが得られるのか知りたい方もいるでしょう。具体的にどんなメリットがあるのかについてここでは説明します。

まず1つ目は申請書の作成を代行してくれるというメリットがあります。トップページでも紹介したように会社を設立するにあたって必要な申請書は数多く存在しており、全て記入してから提出をしなければなりません。一人で全て行うのは大変ですが、会計事務所ならこういった面倒な手続きも代行してくれるので、よりスムーズに作業を進めることができます。できる限り早く法人化したいという場合には代行サービスを利用した方がいいでしょう。

また2つ目は起業に関する相談ができるメリットもあります。起業をする時には例えば社員を集められるか、資金は調達できるか、口座は開設できるかなど様々な悩みや不安が出てくる可能性があります。一人で解決ができないという場合でも、代行サービスを利用すれば相談を無料で聞いてくれるので、不安や悩みを定期的に相談したいという場合には代行サービスの利用を検討するといいでしょう。

▼推奨サイト▼
会社設立代行サービス|アディーレ会計事務所


会社設立には様々な方法があります。その中でも大きく分けると自分で設立をする方法と、外部に依頼をして代行してもらう方法の2つがあります。どちらでも会社設立が可能ですが、会社設立の仕方について分からないという方も多いので、まずはどのような流れで進めていくのかについて説明をします。

まず会社設立にあたっての準備をします。例えば商号や事業目的、本店所在地など、設立するにあたって必要な情報はたくさんあるので、これらを前もって決めておくとスムーズに進めることができます。また、この時点で法人印鑑の作成もしておくとさらに時間をかけずにスムーズに申請をすることができます

準備ができたら実際に手続きに進みますが、初めに定款の作成と認証を行います。定款とは会社の基本ルールを書面にまとめたものです。作成が義務付けられているので用意をする必要があります。続いて必要になるのが登記書類の作成です。ここでは資本金の支払いや各種申請書の作成をします。その後、実際に登記手続きに進みます。登記が無事に終わったら開業届出書を出し、認められれば設立完了です。

このように、大まかに会社設立の仕方について説明をしましたが、これらの手続きはやり方が分からない方は数か月以上もかかることがあります。手間がかかる大変な作業になりますが、手間をかけたくないという人は会計事務所などに依頼をすれば代行をしてくれるので、スムーズに手続きを進めたい場合は依頼を検討するといいでしょう。