会社設立の仕方について

未分類

会社設立には様々な方法があります。その中でも大きく分けると自分で設立をする方法と、外部に依頼をして代行してもらう方法の2つがあります。どちらでも会社設立が可能ですが、会社設立の仕方について分からないという方も多いので、まずはどのような流れで進めていくのかについて説明をします。

まず会社設立にあたっての準備をします。例えば商号や事業目的、本店所在地など、設立するにあたって必要な情報はたくさんあるので、これらを前もって決めておくとスムーズに進めることができます。また、この時点で法人印鑑の作成もしておくとさらに時間をかけずにスムーズに申請をすることができます

準備ができたら実際に手続きに進みますが、初めに定款の作成と認証を行います。定款とは会社の基本ルールを書面にまとめたものです。作成が義務付けられているので用意をする必要があります。続いて必要になるのが登記書類の作成です。ここでは資本金の支払いや各種申請書の作成をします。その後、実際に登記手続きに進みます。登記が無事に終わったら開業届出書を出し、認められれば設立完了です。

このように、大まかに会社設立の仕方について説明をしましたが、これらの手続きはやり方が分からない方は数か月以上もかかることがあります。手間がかかる大変な作業になりますが、手間をかけたくないという人は会計事務所などに依頼をすれば代行をしてくれるので、スムーズに手続きを進めたい場合は依頼を検討するといいでしょう。